七草をたたいて健康を祈る

地域伝統行事「鳥追いと七草」を体験しました

鳥追いと七草

 平成24年1月7日(土)、伝統行事「鳥追いと七草」を実施しました。

 これは、「地域の伝統行事を子どもたちに体験してほしい」、との願いから、大山公民館で例年おこなっている行事です。

 雪の降りつもるなか、多くの親子が七草採取や鳥追い行事を体験しました。

                       鳥追いと七草 

春の七草ぜんぶ言えるかな?

 はじめに、講師から春の七草の説明を受けました。

 春の七草とは、「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(だいこん)」の7種類の植物のことをいいます。

 カブや大根も入っていることを初めて知った子もいました。

館長あいさつ 七草説明 

これって七草?

 説明を受けた後は、実際に七草の採取です。

 毎年、公民館のまわりで七草を探します。

 昨年は記録的な豪雪のため採取できませんでしたが、この日は気温4度。うっすらとした積雪をかきわけて、「なずな」と「はこべら」の2種類の「春の七草」を見つけることができました。

 あらためて春の七草が身近な植物だと学びました。

七草探し これって七草?

どれかな〜 採取確認

鳥追い体験

 次に、地域に伝わる「鳥追い」を体験しました。

 「鳥追い」とは、土地によって微妙に異なるところがありますが、その年の平穏豊作・無病息災を祈って、まな板を叩きながら鳥追いの歌を歌い、農作物の害虫や鳥などを追い払う行事です。

 地域の方に教わりながら、安原、妻木、佐摩地区で伝わってきた歌と、大山町誌に掲載されている歌により実施しました。

鳥追い説明 大きな声でできました!

安原に伝わる歌たいどの鳥が日本の土地に渡らぬ先に、ゴギョウ・タブラコ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ・セリ・ナズナ七草そろえて ホーイホーイ
妻木に伝わる歌唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先にピストルさいてセリやナズナに七草そろえて エンヤホーイホイ
佐摩に伝わる歌たいどのとうや日本のとうやたたらがさきにぴすとをさえてななくさそろえて ハイヤホーイホーイ
大山町誌に掲載された歌唐土の鳥が、日本の国に渡らぬ先に、せりやなずなや七草そろえて ハンやホーイホイ

七草がゆで無病息災

 最後に、参加者が持ち寄った米で作った七草がゆを食べました。

 何度もおかわりする子もあり、2鍋分があっという間になくなりました。

今年1年健康ですごせますようーに。 七草がゆ、おいしいね。

お役立ち情報

  • ご意見・お問合せ
    • 大山町役場ダイヤル
      TEL:0859-54-3111
    • 電話受付時間 月〜金曜日(祝日を除く)8時30分〜17時15分

お役立ち情報

  • いじめ110番(鳥取県教育センター・毎日24時間)
    TEL:0857-28-8718
  • 子ども電話相談
    TEL:0859-33-2020
  • 学校教育全般・学校生活に関すること(幼児・学校教育課 学校教育室)
    TEL:0859-54-5211
  • 子育て・学校生活に関すること(教育支援センター)
    TEL:0859-54-2037
  • 人権に関すること(人権・社会教育課 人権推進室)
    TEL:0859-54-2286

お役立ち情報

  • 窓口業務に関すること
    • 本庁舎(住民生活課) TEL:0859-54-5201
    • 中山支所 TEL:0858-58-6111
    • 大山支所 TEL:0859-53-3311
  • 窓口受付時間
    • 月〜金曜日(祝日を除く)8時30分〜17時15分
  • 休日交付の予約時間
    • 休日の前日16時まで
  • 休日の交付時間
    • 8時30分〜17時

HOME

大山町について

ソーシャルボタン