170723「大山寺本堂・大山寺鐘楼」国登録有形文化財登録答申記念セレモニーが行われました

2017年7月23日
『大山寺本堂・大山寺鐘楼』の国登録有形文化財登録答申記念セレモニーが行われました

大山寺本堂は1928年の火災で焼失後、1951年に再建されました。前年に建立された鐘楼もあわせて、このたび国登録有形文化財に答申されました。

戦後当時、米子など近隣の寺では耐火を考慮した鉄筋コンクリート造の現代的なデザインで再建されました。そのような時代背景の中、大山寺本堂および大山寺鐘楼は、中世の和様本堂を忠実に木造で再現した建造物で、近代和風建築寺院の好例として高く評価されました。

地元住民や参拝者の見守る中セレモニーが行われました
大山自然歴史館 〒689-3318 鳥取県西伯郡大山町大山43 TEL:0859-52-2327

PAGE TO