たまご屋工房 風見鶏

卵屋直営のスイーツショップ
新鮮卵使用ゆえの美味しさ&こだわりがぎっしり


「さくらたまご」で有名、山陰の人気メーカーとして多くのシェアを誇る「小川養鶏場」
これまでは卵の流通・販売をメインに手掛けたこちらが直営店をOPENとの知らせをゲット!
し、しかもメインは新鮮な卵を使ったスイーツと聞くから・・・。食いしん坊の僕たち「むきぱんだブラザース」はいてもたってもいられず、気が付けばお店の前(笑)
突然アポなしでお店へと潜入してきました。

店内に入った途端に広がるあま〜〜い匂い。
ショーケースをのぞけばプリンやロールケーキ、シュークリームなどなど、おいしそうな手作りスイーツがいっぱい。さぁ、どれから食べようか・・・・。


っと、その前に、小川養鶏場の卵がなぜこんなに人気なのか。
その秘密をお伝えしないといけないですね。

一つは国内シェア10%未満という純国産の親鶏「ゴトウ交配種さくら」から主力商品の「さくらたまご」が生まれているということ。日本の風土に適した強い体質をもつといった特徴を持ち合わせているので、抗生物質など薬などに頼らない飼育が可能ということで、安心・安全な卵を提供できているそうです。

そんな鶏たちが暮らす環境にも配慮し、できるだけ大山の風を感じられるようにと高所式開放鶏舎で飼育。自然の陽光、風をあびながらストレスなく育つと同時に、エサへのこだわりも追及。自家配合飼料に、一部鳥取県産の飼料用米をブレンドするなど、より地元カラーを押し出し、ご当地卵としてのブランド力を高めていったことが評価を集めているようですね。


さて、そんな卵から作られるスイーツ。
まず、僕たちがいただいたのがでっかいシュークリーム(150円)
ふっくら焼きあがったシュー生地が香ばしいにおいでアピール。そこにオーダーが入るごとに自家製のカスタードクリームをその場でイン。このクリームとにかく濃厚。その秘密はやはり、自慢の卵にあったんです。

な、なんとさすが卵屋さん。たっぷりの新鮮卵で仕上げたカスタードクリームだからこそ、この濃さ、この卵感を演出できるでしょうね。その場でクリームを入れるから生地もサックサク。いや〜1個なんてペロリ。「もっともってこい〜〜(笑)」。


さらに黄色と白。2種類の「プリン」(1個200円)が目の前に。
黄色はわかるとして、白は何?って気になるところですが、実はこれ小川養鶏場で生産された「米たまご」使用のプリン。米を主に与えた鶏から生まれた卵は、卵黄が白く、味はさくらたまごよりもあっさり。2つのプリンを食べ比べてみればその味の違いがよくわかります。

そしてそしてボリューム感たっぷり、見た目もゴクリな「ロールケーキ」(1本800円)、そしてカステラ(半斤600円/1斤1100円)
生地は一見重量感があるように見えるもののふっくら軽く、たっぷりの生クリームにも負けない存在感は、1本に4〜5個というたっぷりのさくらたまごを使った証でもあり、贅沢さ。お土産にもと県外のお客さんがわざわざ足を運ぶのも納得、納得。

これらのスイーツ共有したこだわりを聞いて、そのおいしさに再び納得。
それが・・・・、スイーツに使う卵のすべてが、その日に生まれたばかりの新鮮な卵のみで作ってるってこと。
だからこそロールケーキの生地がふっくら仕上がり、プリンも抜群のコク。

卵を知り尽くしたプロによるこだわりのスイーツ。
いや〜、今後どんな新メニューが登場するのか、今からとっても楽しみです。

もちろん店内では、さくらたまごや米たまご、若草たまごなどの新鮮たまごも販売。
道の駅 大山恵みの里すぐ。ぜひ山陰道名和ICから国道9号線へと続く大山・新グルメストリートでご当地スイーツを召し上がってみませんか?

今度はロールケーキ、一本食うぞ〜〜〜。

(基本データ)
施設名たまご屋工房 風見鶏
所在地鳥取県西伯郡大山町名和696-1
TEL0859-54-5055
営業時間10:30〜18:30
休み火曜日
駐車場約20台(無料)
HPhttp://www.sakuratamago.co.jp/