HOME > 絶景

絶景

大山(だいせん)には、観光施設とはまた違った、大山を眺めるうえでの絶景ポイントが多数存在します。
観光ガイドにのるだけが名所ではない。
地元を知る尽くす私たちが、大山ファンのみなさんにそんなとっておきの穴場ポイントをお教えします。

豪円山のろし台からの紅葉

豪円山 紅葉
絶景オススメ度 5

大山の紅葉の南壁の横綱が江府町「鍵掛峠」なら、北壁の横綱はここ「豪円山のろし台」。鍵掛峠に比べその知名度はまだまだながら、訪れた人はその美しさに魅了。リピート率の高い絶景名所として讃えられてきました。圧倒的な大山の北壁の下に広がるグリーンの斜面に、麓の施設群がスイスのロケーションを彷彿。ハイジの森とも表現されてきました。

豪円山のろし台からの星空

豪円山 星空
絶景オススメ度 5

日中、四季の壮大な絶景を披露してくれる「豪円山のろし台」。実はこの場所、星空観賞のポイントとしても絶好のステージだということ実はまだまだ知られていません。外灯もなく空気が澄んでいることから夜ともなると満天の星空に包まれた天然のプラネタリウムに。流れ星なんて当たり前。そんな時間をぜひご堪能ください。

金門からの新緑大山

金門 大山 新緑
絶景オススメ度 5

大神山神社奥宮へと続く参道沿い、「金門50m」と書かれた看板につられ寄り道すると、木々の隙間からひらけた視界に絶句。目の前に迫る大山の北壁に思わず「ウワ〜〜」と感嘆の声をあげること必須な風景が迎えてくれます。地元カメラマンが、北壁を望むポイントしてオススメに選出するこのスポットには歴史的な物語も存在。そうした背景も感じつつ、霊峰大山の偉大さにふれてみるのもおもしろいかもしれません。

神の陽(金門からの夕日)

金門 大山 夕日
絶景オススメ度 5

かつて「神在ます山」として人間と神の結界とされた「金門」。両岸に巨大な岩石を半分に切ったかのような岸壁が向い合せに立ちはだかるこの場所で、一年のうちほんの少しの時間だけ奇跡の風景を確認することができます。それは夏至前後となる6月初旬から7月初旬にかけての約1ヶ月。そのわずか数mの岸壁の隙間に夕日が沈むという何とも神がかった時間に遭遇することができるのです。それを「神の陽」と表現。思わず手を合わせたくなくること必至です。

風車のある風景(R9沿い)

大山 風車
絶景オススメ度 3

大山町の海沿いを東西に縦走する国道9号線。その一部のポイントでは、真っ白な灯台が真っ青な海、青空とともに見事なコントラストを描き出しています。夕暮れには真っ赤な夕焼けやマジックアワーとのコラボも。自然にマッチした風車群は大山町の定番風景ともなっています。

大神山神社奥宮 石畳の参道

大神山神社 
絶景オススメ度 3

大神山神社奥宮へと続く700mの参道は、実は自然石の石畳の参道として日本一の長さを誇ります。木々に囲まれた聖なる古道は四季によってさまざまな色味に変化。赤に染まる秋は特に絶景で、紅葉名所の一つとして多くの人が訪れています。

仁王堂公園前からのレンゲ畑と大山

仁王堂公園
絶景オススメ度 4

カラス天狗の像で有名な「仁王堂公園」。この公園の周辺に広がる田んぼの一部が春の甘い香りに包まれる時があるのをご存知でしょうか。それは田植えが始まる前のGW前後、耕される前の田んぼ一面に咲くレンゲの花。その様子はまさに紫の絨毯で、奥にそびえる大山と見事な競演をはたしています。

豊房の桜並木

豊房 桜並木
絶景オススメ度 5

大山町の隠れた桜名所の一つ。いや、大山屈指の桜名所と言っていいでしょう。ここ豊房地区の一角に広がる桜並木は、奥にそびえる残雪大山とのコラボで知る人ぞ知る春の絶景名所として讃えられているのです。夜にはライトアップされこれまた格別の時間を演出してくれます。

名和公園の桜・ツツジ

名和神社
絶景オススメ度 3

名和神社に続く参道は、春ともなるとまさにお花見名所に。まず3月下旬から4月上旬にかけて300本のソメイヨシノが満開を迎え、その後5月上旬には、ツツジが満開。一面をレッドカーペットに変身させます。隣にはJR名和駅があり、汽車がカタコトと音をたたて通り過ぎる様子が、何ともいえない旅情を。大山と日本海を間近に眺める最高のロケーションも魅力的。

木料海岸の海

大山 海
絶景オススメ度 4

実は大山町内にも美しい海は多数存在。そんななかプライベートビーチとして地元民御用達の場所をお教えします。それがここ「木料海岸」。真っ青な海はもちろん、白砂のビーチもとっても美しく、夏のバカンスをゆったり楽しむにはピッタリのポイントとなっています。

シャワー・トイレはございません(笑)

大雀海岸からの夕日

大雀海岸 夕日
絶景オススメ度 4

夕暮れの国道9号線。

日本海と風車群を望むポイントでは、海に沈む夕日と風車のシルエットのコントラストを贅沢にも楽しむことができます。思わず車を停めて眺めたくなるスペシャルサンセット。運転には十分にお気をお付け下さい(笑)

大山 冬のスノーシュー体験

大山 スノーシュー
絶景オススメ度 5

大山の冬といえばスキー・スノボが定番。でもでも、大山の冬の自然を満喫できるアクティビティとして注目を集めているのがスノーシュー。専用の歩行具をはいて、いざ冬の森へ入っていくと、普通ではみるのことができない雪景色や冬を懸命に生きる動物の足跡や、ブナの巨木などにも遭遇。ぜひ地元でのガイドツアーに参加して貴重な体験をお楽しみください。

スノーシュープログラムは「森の国 大山フィールドアスレチック」HPへ

大山寺 お盆の大献灯

大山 和傘 
絶景オススメ度 5

2012年からスタート。すでに大山の夏の風物詩となっているこのイベント。古の参道、そして大山寺本堂が和傘の明かりでライトアップされるという何とも幻想的な演出してくれます。視覚と音楽と歴史の融合。観た人の感動も大きく毎年違った演出でリピーターが多いのもうなづけます。

大山お盆の大献灯はこちらのHPをチェック。

大神山神社奥宮 たいまつ行列

大神山神社奥宮 夏山開き祭
絶景オススメ度 5

大山に夏の訪れを告げる炎の祭典。「大山夏山開き祭」の前夜祭として開催されるこの神事は、2000本のたいまつ行列が、日本一長いとされる自然石の石畳の参道を練り歩くというもの。その日一日だけ描き出される炎の大河。全国にも誇るべきその風景。ぜひみなさんもその河の一部として参加してみませんか?

詳しくはこちらのホームページ

写真で見る 絶景フォトギャラリー