退休寺(たいきゅうじ)

見る歴史エコツー恵みの里
鳥取県西伯郡大山町退休寺316 0858-58-2368

山陰最古!曹洞宗の名刹
山に沈む夕日に響く鐘の音

退休寺 延文2年(1357年)に創建された山陰地方最古の曹洞宗の名刹で、開山は「那須の殺生石」の伝説でも有名な源翁禅師です。
着工から完成まで4年の歳月を費やしたと言われ、現在では勅使門、土塀、後小松天皇下賜の勅額などが収蔵され、現在でも当時の様子を伺うことができます。

所在地 鳥取県西伯郡大山町退休寺316
電話 0858-58-2368
料金 境内無料
駐車場 あり
アクセス (車)山陰道名和ICよりR9を鳥取市方面へ、松河原交差点を右折、県道276号線、278号線経由、約20分
地図表示