HOME > 観光スポット(観光施設一覧)海ゾーン(日本海側・国道9号線周辺)>後醍醐天皇の御腰掛の岩(ごだいごてんのうのおこしかけのいわ)

後醍醐天皇の御腰掛の岩(ごだいごてんのうのおこしかけのいわ)

見る歴史エコツー恵みの里
鳥取県西伯郡大山町御来屋 0859-53-3110(大山町観光商工課)

脱出に成功してひとまずホッ
岩に腰掛け今後の戦略練る!?

後醍醐天皇の御腰掛の岩
今から約670年前(1333年)後醍醐天皇は、一度失敗した倒幕と天皇中心の政治への野望を捨てきれず、幕府軍に閉じこめられていた隠岐の島から命がけで脱出しました。そしてたどり着いたのが「名和の湊(今の御来屋港)」。
この時、疲れた天皇が体を休めるため、海岸にあった大きな岩に腰をかけたという言い伝えから、この岩を「お腰掛けの岩」と呼んでいます。30年ほど前までは海中にありましたが、漁港の改修により海面から1.4m持ち上げられ、現在では陸の上に位置しています。
この場所には、後醍醐天皇の御製「忘れめや よるべもなみの荒磯を 御舟の上にとめし心を」を記した歌碑もあります。
所在地 鳥取県西伯郡大山町御来屋
電話 0859-53-3110(大山町観光商工課)
アクセス (車)山陰道名和ICより、R9を左折、御来屋交差点を右折、御来屋漁港方面へ、約10分
(電車)JR山陰本線御来屋駅より徒歩約15分
地図表示