一斗六升(いっとろくしょう)

見る歴史エコツー恵みの里
鳥取県西伯郡大山町陣構 0859-53-3110(大山町観光商工課)

腹が減っては戦は出来ぬ!
でもちょっとよくばりすぎたかな!?

一斗六升 名和長年が船上山の戦を始めるあたって必要となる大量の米を運ぶ際、あまりの重さに一気に船上山まで運ぶのは困難だったため、途中で米を減らして運んだという場所。その時減らした量が一斗六升(約24キロ)であったため、この場所はいつしか一斗六升と呼ばれるようになったと言われています。

一斗六升は他にもあった!
一斗六升を下ろしたと言われている場所が実はもう1ヵ所存在します。この場所は、寺谷堤の一番東側の斜面に沿った所で“一斗六升岩”という大きな岩も残っているのです。

所在地 鳥取県西伯郡大山町陣構
電話 0859-53-3110(大山町観光商工課)
アクセス (車)山陰道名和ICより、R9を右折、県道54号線を大山方面へ。約15分
地図表示