南光河原(なんこうがわら)

絶景歴史エコツー恵みの里
鳥取県西伯郡大山町大山 0859-52-2502(大山町観光案内所)

大山北壁を沿う石の帯
両脇を包む渓谷美も優美なり

南光河原
大山北壁から元谷、金門をくだって大山寺橋へ流れ出る延長1kmにおよぶ河原で、阿弥陀川が流れる南光河原の最上端にある金門は、両側に断崖が迫りさまざまな渓谷美を見せています。

またこの河原には、大山寺隆盛の頃、南光院谷派僧坊がありましたが、金門を切り開いたため、僧坊は両岸に移転し河原となったとの言い伝えも残されています。

所在地鳥取県西伯郡大山町大山
電話0859-52-2502(大山町観光案内所)
アクセス(車)米子道米子ICより県道24号線(大山観光道路)経由、博労座駐車場まで約15分。大山寺橋方面へ徒歩約5分
(バス)JR米子駅から日交バス大山寺行でバス停大山寺下車(約50分)、大山寺橋方面へ徒歩約5分

地図表示