神社・参道を染め上げる幻想的な炎の帯「大山夏山開き祭」

大山初夏のクライマックス
行列に参加し、炎の川を作るのはアナタ

たいまつ行列
イベントラッシュの大山町にあって、6月最初の週末は、この時期一番の一大行事、大神山神社奥宮、大山寺を舞台に、毎年取り行われる「大山夏山開き祭」の季節。
大山の夜が神秘的な炎に包まれるなど、大いに沸く2日間が華やかに、そしてドラマチックに演出されます。

何と言っても一番のクライマックスは、初日の夜に開催される「たいまつ行列」。
美しい炎の帯が、参道をオレンジ色に染め上げ、幻想的な風景を描き出します。
この正体こそ、大神山神社境内に集まった総勢2000人の行列。
すっかり暗闇に包まれた午後7時30分、参加者が持参したたいまつに火を灯し、続々と参道の石畳を歩いていきます。

たいまつ行列
真っ暗な参道に浮かび上がる光の帯。
なんとも幻想的なその光景に、訪れた沿道の見物客たちはみな感動の表情を浮かべ、目の前に描き出される炎のショーにただただ酔いしれるばかり。
大山繁栄の時を思い、山の神秘を感じながらの幻想的なひとコマ。ぜひ参加者として炎の川を描き出してみませんか?