大山・神田りんご園

見る遊ぶ体験グルメおみやげエコツー恵みの里
鳥取県西伯郡大山町神田 0859-54-2211(神田観光りんご生産組合)

西日本最大規模を誇るリンゴ農園
ファミリーで楽しめる嬉しいヒミツとは?

リンゴ
南に大山の北壁、北に日本海が一望できる西日本最大規模を誇るわい性リンゴ団地。わい性りんごとは、お子様でも楽にもぎとりができるようにりんごの木を低く育てたもので、園内には4種類のリンゴが栽培されています。

りんごは8月下旬〜11月下旬にかけて一番“旬”の時期と言われ、果汁が多く甘みが強い“つがる”(8月中旬〜9月中旬)・果汁が多く深紅色の“千秋”(9月下旬)・酸味と甘みのバランスが良くクッキング向きな“ジョナゴールド”(9月下旬〜10月下旬)・生産量世界一、甘味と歯ごたえがあり日持ちすることで定評のある“ふじ”(10月下旬〜11月下旬)など、様々な特性を持つ大山の自然の中で育ったリンゴをもぎとることが可能。

こちらはもぎとりお買い上げ1kgあたり450円、入園料大人500円、小学生400円、幼児300円ととてもお手頃で、家族が一緒となって遊べるレジャーとして最適です。日頃スーパーでしか知らない子供たちにとって、自然の中で実っている果実を木からもぎとって食べるという体験はきっと貴重な体験となることでしょう。



 



神田りんご園には、全部で4ヶ所の農園があり。
まずは総合案内所となる「山香荘(さんこうそう)」で受付を済ませれば、その日に収穫体験が楽しめるリンゴ園を教えてもらいます。
その場所へと足を運べばたわわに実ったリンゴがお出迎え。
もぎたてを存分にお楽しみください。

「とれたてに勝る、うまいもんはなし」
もぎたてで楽しむ秋の果実は、
甘み&瑞々しさが格別!

所在地鳥取県西伯郡大山町神田
電話0859-54-2211(山香荘・神田観光りんご生産組合)
営業時間9時〜17時
料金中学生以上500円、小学生400円、3歳〜幼児300円
駐車場普通車50台(無料)
アクセス(車)山陰道名和I.CよりR9経由、鳥取市方面へ。県道54号線を神田方面へ。約20分

●リンゴ狩り(園内食べ放題)
所要時間1時間
体験料金入園料 大人/500円 小学生/400円 幼児/300円
体験期間8月下旬〜11月下旬
予約の有無要予約(入園だけの場合は予約なし)
最低催行人員1名
体験年齢幼児

リンゴの知られざるパワーとは!?

実はリンゴはすごく体にいい。リンゴは栄養価がとても高く、ビタミンC、カリウム、食物繊維そしてポリフェノールの働きで、抗酸化作用などにより老化を抑制する働きがあるといわれており、それは欧米のことわざに“An apple a day keeps the doctor away.” (1日にリンゴ1個で医者いらず)という言葉があるほど。

そういえば子供の頃、風邪をひくと母親がリンゴをすってくれた経験って誰もがあるのでは?あれは消化に良いだけなく、栄養補給と熱による喉の渇きを潤す働きもあるそう。昔の人は自然の力を存分に活用する術を持っていたんですね。
地図表示