HOME > 観光プラン>【サンプルコース】 太平記の舞台へ・・・ 山陰で「OKINAWA」ツアー

【サンプルコース】 太平記の舞台へ・・・ 山陰で「OKINAWA」ツアー

OKINAWAツアーといってもコチラは歴史旅
太平記の雄 後醍醐天皇の足跡を辿る

1日目

コースマップ
マイカー利用の場合は、各フェリー乗り場の駐車場を利用
隠岐の島町・西郷港(島後)へは、
境港・七類港より隠岐汽船フェリーで約3時間・高速船レインボーで約1時間20分

西郷港
  タクシーで約20分
1隠岐国分寺 
  敷地内
2隠岐御座船(ござぶね)
  乗り場まで約20分
3ローソク島遊覧
 
隠岐の島町で1泊

隠岐国分寺
1隠岐国分寺
741年、聖武天皇の詔(みことのり)により全国各地に建立された国分寺の1つで、後醍醐天皇が隠岐に配流された日々を過ごした行在所跡。かつては本堂、鐘楼、三重塔、仁王門などを持つ立派な寺でしたが明治2年の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で当時の本堂は解体。しかし明治16年、旧寺跡の傍らに復興が始まり、昭和25年に現在の本堂が建造されました。毎年4月に境内で開催される「蓮華会舞(れんげえまい)」は、国の重要無形文化財。

隠岐御座船(ござぶね) 
2隠岐御座船(ござぶね) 
隠岐国分寺本堂横に展示される「御座船」。御座船とは、天皇・公家・将軍・大名など、貴人の乗る船で、この船はかつて後醍醐天皇が隠岐に渡られた際に乗っていた御座船の模型(5分の1)です。

2日目

コースマップ
西郷港
 隠岐汽船 
  フェリーで4時間40分
  高速船レインボーで
  1時間20分
境港
  徒歩すぐ
4水木しげるロード
  約34.1km 車で約45分
5名和神社
  約1.3km 車で約3分
6お腰かけの岩
  約21.3km 車で約30分
7船上山
  約14.7km 車で約20分
8中山温泉 NASPAL
  約18.0km 車で約20分
米子道米子IC

水木しげるロード
4水木しげるロード
鬼太郎に逢える町・漫画家 水木しげる氏の故郷、境港市。境港駅から商店街へと続く800mの「水木しげるロード」には、水木しげる氏の漫画に登場する妖怪のブロンズ像119体がズラリと並んでいます。商店街沿いでは、「水木しげる記念館」をはじめ、「妖怪神社」など妖怪ワールドを満喫。パンに、饅頭、大判焼きに、ストラップ・・・。様々な妖怪土産もきっと喜ばれます。

名和神社
5名和神社
後醍醐天皇を隠岐島から迎え、一族郎党を率いて船上山に立てこもり、王事に奮戦した南朝の忠臣・名和長年公。以下一族42名の英魂を祀ったという元別格官弊社がこの「名和神社」です。神社の規模としては鳥取県内でも最大級を誇り、明治16年に初めて参道に桜が植えられて以来、広大な境内は、山陰有数の“サクラのトンネル”としても有名。こちらでは、太平ロマンを振り返り、往時を偲びます。

お腰かけの岩
6後醍醐天皇の御腰掛の岩
元弘3(1333)年に、隠岐の島を脱出された後醍醐天皇が、無事に名和湊(現在の御来屋港)に到着された際、しばらくの間お腰掛けになった岩と伝えられています。30年ほど前までは海の中にありましたが、漁港の改修により、そのままの位置で海面から1.4m持ち上げられ、現在では陸の上に位置しています。

船上山(せのじょうざん)
7船上山(せんじょうざん)
遅咲きのヤエザクラを満喫できることでも有名な県有数の花見ポイント、万本桜公園(まんぼんざくらこうえん)を有する船上山。標高615m、山の東側は、約600mにもおよぶ屏風岩がそびえる断崖絶壁の眺望を誇っています。隠岐から逃れた後醍醐天皇(ごだいごてんのう)ゆかりの地でもあり、周辺には多くの史跡も残されていることでも知られています。

中山温泉 NASPAL
8中山温泉館 ゆーゆー倶楽部NASPAL
町営の温泉施設「なかやま温泉 ゆーゆー倶楽部NASPAL」。館内には、黒を基調にした石張りの浴室「さざんかの湯」、タイル張りの「はまなすの湯」があり、浴槽は週ごとの男女入れ替え制。湯は、日本三大名湯の1つ下呂温泉に泉質が似ていると噂のアルカリ性単純温泉で、5分もつかればお肌ツルツル、美肌の湯としても非常に人気が高いそうです。入浴料大人420円、小人(小学生以下)210円。