HOME > 新着情報>雪崩に注意!登山届を提出しましょう!

雪崩に注意!登山届を提出しましょう!

大山遭難防止協会及び八橋警察署より、雪崩発生について注意喚起の連絡がありました。

大山寺速報(平成29年1月・八橋警察署大山寺駐在所)

大山遭難防止協会及び八橋警察署より、雪崩(なだれ)発生について注意喚起の連絡がありました。

平成29年1月23日の大雪により、大山は積雪230cm以上となっています。
今後、気温が10度前後に上がることもあり、雪崩(なだれ)発生の危険が高まっています。

登山に際しては、必ず登山届を提出し、雪庇やクラックなどの現象が生じた場合は、雪崩発生の危険性があるので、登山を中止して「勇気ある下山」をお願います。

  

雪崩の前兆現象

・山の尾根からの雪が張り出している

・雪崩予防棚から雪が張り出している

・元の地形がわからないほど平らに雪が積もっている

・斜面をボールのような雪のかたまりが転げ落ちる

・斜面にひっかき傷のような雪の裂け目が現れる

・シワ状の雪模様が現れる