HOME > 特集記事登山道の様子やお花の開花状況をレポート! 「大山登山 最新ニュース」>平成29年10月17日登山道の最新情報〜紅葉情報そのA

平成29年10月17日登山道の最新情報〜紅葉情報そのA

登山道の最新情報

10月17日(火)現在のだいせん夏山登山道の最新情報をお知らせします。
 
午前9時の大山寺の天候  くもり  気温12℃  微風
お昼12時の山頂の天候  晴れ時々ガス 気温6℃  微風
 
秋雨前線が日本付近に異常に長く停滞していて、ここ何日も雨や
くもりの日が続いていますが、ようやく少しだけ南下したために
ほんのちょっと晴れ間が覗きました。
大陸からの高気圧の勢力が弱く、なかなか秋雨前線が本気を
出しているようです。
 
登山道のお花もほとんどが終わりを迎え、よく見て歩くといろいろな
色の木の実が見られます。
またキノコのシーズンでもあり、ツキヨタケが終わりがけ、食べられる
キノコも見られますが、国立公園の特別保護地区であるので、採取は
禁止です。
何年か前からキノコがブームになり、ポケット図鑑を片手に山に入る
方が増えてきましたが、キノコはその環境と大きさにより、色が変わってくる
場合があります。図鑑どおりにはいかないです。
観察ならいいですが、採取はしないでください。
 
紅葉の様子ですが、この1週間は思ったほど進んでいないようです。
やはり晴れ間が出ないとその素晴らしさがわかりづらいですが、
ブナ林の下にあるクロモジなどがきれいな黄葉になりつつあるようです。
全般にやや遅れ気味とも言えそうです。
 
これからの時期の注意点ですが、やはり服装です。
山用の服はやや高価ですが、それなりに理由があります。
その特性をよく把握して自分の山行スタイルに合うものを購入してください。
基本は「寒いぐらいでスタート」です。
今日の場合は大山寺で12℃ということは肌寒い天候でしたが、
アウターを着てスタートすると必ず暑くて汗をかきます。
5合目辺りまでは林の中を歩くためにあまり風が通りません。
気温もそうですが、風が直接当たるかどうかで体感温度はずいぶんと
変わってきます。
また体の中の暖まった空気がどこから逃げるかも考えてください。
上半身の熱気は首の周りから、また下半身の熱気は足元からしか
抜けません。
従って歩き始めてからその調整がすぐできるように服装を考えたら
いいと思います。
よく雨も降っていないのに足元にスパッツをつけて歩いている方を
見かけますが、まだ今の時期は蒸れますよ。
ご注意ください。
 
もう月末辺りになると初冠雪の便りが聞かれる頃になりました。
手ぶらでハイキング気分で登る時期ではありません。
日の暮れるのも早くなってきたので、ヘッドランプも必携です。
また天候の急変で、特に気温が下ることもありますので、
ちいさなお子さま連れも、楽しみながら登れる時期ではありません。
ご注意ください。
大山は徐々に冬山になりつつあります。
 

この他、登山道の状態とか装備品などわからないこと、またガイドに
関する依頼、受けておりますので遠慮なく下記までお問い合わせください。
 
日本山岳ガイド協会
認定登山ガイド 久保昌之
 
中国山岳ガイド協会
事務局 090−7999−2931
鳥取県日野郡江府町御机鏡ヶ成709−1
休暇村 奥大山内
TEL 0859-75-2300
   
また他の山域の最新情報については「山と渓谷社」のHP
ヤマケイオンライン
をご覧ください。
もちろん大山の情報も載っています。
 
中国山岳ガイド協会

鍵掛峠からの大山南壁

南光河原からの登山口

インドネシアからのバロンさんと日吉津の加藤さん

2合目

3合目にて

4合目

ホコリタケ

標高1200m付近

5合目の紅葉状況

6合目のウリハダカエデ

埼玉からの栄野さんご夫妻(6合目)

7合目

草鳴社ケルンから見下ろす

8合沢と北壁

秋の代名詞『巻雲』

標高1600m付近

山頂台地

今年は豊作のダイセンキャラボクの実

山頂から見る剣ヶ峰

山頂緊急避難小屋