大山恵みの里公社

大山の恵まれた風土の下に産まれる、作り手のこだわりと温もりがぎゅっと詰まった安心・安全の地元産 。 大山恵みの里公社は地元の思いと愛情を繋ぎます。

日本遺産認定&開山1300年記念 牛皮饅頭が誕生しました!

2016年4月、大山町、伯耆町、江府町、米子市が申請した「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」が日本遺産に認定されました。

また、大山は2018年、開山1300年を迎えます。

この節目に大山恵みの里公社は、米子市の和菓子の老舗・つるだやさんとコラボした牛皮饅頭・博労唄を販売いたします。



つるだやさんの自慢の小豆餡を包んだもっちり、柔らかな牛皮餅は、大山町産のもち米の粉を使用。

大山山頂に現れたお地蔵さまが人々や牛や馬を見守ってくれるように、柔らかな牛皮があまやかな餡を包み込んでいます。



ぜひ、お土産に、お茶のお供に、お遣い物に、ご愛顧くださいませ。




お買い求めは、道の駅 大山恵みの里、または、大山恵みの里通販サイトにてお願いいたします。
ページのトップへ