大山恵みの里公社

大山の恵まれた風土の下に産まれる、作り手のこだわりと温もりがぎゅっと詰まった安心・安全の地元産 。 大山恵みの里公社は地元の思いと愛情を繋ぎます。

どまん中らーめんが取り上げられました

道の駅 大山恵みの里で昨年から販売を始めた「大山どまん中らーめん」

大山町産の小麦を100%使用し、製粉方法にもこだわったこのラーメンがテレポート山陰で紹介されました。



大山どまん中らーめんは、大山町産の小麦「ミナミノカオリ」を使っています。
この小麦は、強力粉と中力粉の間の粉で、製パンに適した小麦です。
この「ミナミノカオリ」を、時間をかけてゆっくりと製粉していくことで、栄養価が高く、小麦本来の味と香りが残る、コシの強い麺が出来上がりました。
見た目は馴染みのない黄土色の麺。
熟成が進むとこげ茶色になる活きた麺は、もちもちとした食感が味わえます。


〜大山どまん中らーめんに込める想い〜

もともと、大山町では小麦の収穫時季が梅雨に入るため、小麦の栽培はしにくい環境にありますが、学校給食で出される「パン」の原料小麦を、地元で栽培した小麦で提供してあげたいという「生産者の想い」から、栽培を始めました。
栽培に向かない環境ではありますが、大山町の未来を担う子供たちにも、「まっすぐ正直」に栽培し、伝えていこうという想いを繋ぐ一品となりました。


放送番組名;テレポート山陰 月〜金 18:15〜19:00
放送予定日;2017年7月7日(金)

ご期待ください。

ページのトップへ