むきぱんだ公式ホームページ

だいせん新鮮組

大山町の特産品「大山の恵み」の応援隊長コンビです。

だいせん新鮮組

異色のコンビ!?その理由は…

大山の特産品(大山の恵み)を「大山ブランド」として全国にPRするため、平成21年に誕生したのが「だいせん新鮮組」。
海抜0メートルの日本海から、標高1709メートルの大山山頂まで。広大な町域で、豊かな山海の幸に恵まれた、我が大山町ならではのキャラクターです。

豊かな黒ボク土壌と、ミネラルたっぷりの海水域。これはどちらも、町のシンボルである霊峰「大山」の恵み。
この地で生まれる山海の幸を、「大山ブランド」「大山の恵み」として全国に広め、一人でも多くの人に大山を知ってもらいたい。
そんな熱い思いが、ブロッコリーとさざえという、全国でも他に類を見ない異色コンビを生み出しました。

うみさち、やまさちの正体とは?

大山の「山と里の恵み」の代表選手「やまさち(山幸)」は、西日本第1位の出荷量を誇る「大山ブロッコリー」。その鮮度を消費者に知ってもらおうと、あえて「葉付き」での出荷を始めたのが、我が大山町のブロッコリー農家さんなのです。
ブロッコリーといえば、お料理の付け合わせとして使われる場合が多いですが、大山町では「ブロッコリー料理コンテスト」を実施するなど、ブロッコリーが主役になれる料理の開発にも取り組んでいます。

一方「海の恵み」の代表選手「うみさち(海幸)」は、鳥取県下第1位の水揚げ量を誇る「御来屋さざえ」。
大山町の海には、さざえを始めウニやワカメなど、この水域ならではの豊かな海の幸がたくさん。
これらも、もちろん「大山の恵み」の賜物です。
名前(コンビ名)だいせん新鮮組
うみさち、やまさち
誕生日ヒミツ
身長・体重ヒミツ
所属大山町大山振興課
仕事大山の恵みたっぷりの、新鮮でおいしい農産物、海産物、畜産物やその加工品を全国にPRすること。
性格子どもたちが大好き。鮮度抜群なので、いつも元気いっぱい。

お知らせ 山陰・大山の旅 D-Club