閉じる
閉じる

【報告】コロナの影響を受けながらもがんばる学生に「がんばろう!学生応援大山便」を贈りました

更新日:
2021年03月30日

がんばろう!学生応援大山便

「がんばろう!学生応援大山便」事業は令和2年9~10月に申込を受け付け、学生に大山町の特産品をお届けしました。

実施の背景

 2020年の夏は、新型コロナウィルスの感染症第2波の真っ只中で、学業に励む学生にとっても、対面授業がリモートに替わったり、部活動ができなくなったり、帰省を自粛したりと通常の学生生活を送ることができなくなっていました。

トップ画像.jpg

 様々な影響を受けながらもがんばる学生を地元から応援したい!と、大山町では町の特産品を10品用意し、2品を選んで申し込みができる「がんばろう!学生応援大山便」事業を実施し、ふるさとの特産品を大山町出身学生に送ることにしました。

特産品.jpg

 また、自分よりも困っている人へ支援したい、という方の要請に応えるために、本事業に必要な費用の一部を「ふるさとチョイス」のガバメントクラウドファンディングで寄付を募ることにしました。

「がんばろう!学生応援大山便」の実績

申込者 206名

・町内産牛肉「大山黒牛」やラーメン、こしひかりなど412品を送付


「ふるさとチョイス」ガバメントクラウドファンディングの寄付(令和2年9月~令和3年1月に受付) 97件 寄付額合計1,442,000円

・本事業にかかった経費(約192万円)に充てさせていただきました。皆様からの貴重なご寄付に感謝申し上げます。

学生からの声

(本事業では学生へのアンケートは実施しませんでしたが、本事業に先んじて地域自主組織が町出身学生への生活支援に送った「だいせん玉手箱」のアンケートの回答を紹介します。)

・素敵な企画をありがとうございました。とても嬉しかったです。

・みなさんが応援してくれていることを感じ、改めて大山町が好きだなぁと感じました!

・コロナの影響で通学、外食、遊ぶことが禁止されています。玉手箱が実習への活力になりました!縁が
あったら大山に帰りたいと思いました。

・とても助かりました。更に地元に対して愛を持つことができました。

お問い合わせは企画課・営業企画室

大山町役場 2階  
〒689-3211 大山町御来屋328

電話0859-54-5202

上へ戻る