閉じる
閉じる

第三セクターの経営健全化に関する方針の公表について

本町の第三セクターであります「一般財団法人大山恵みの里公社」について、下記経緯により経営健全化方針を策定いたしましたので公表いたします。

更新日:
2020年08月26日

第三セクターの性質

第三セクターは、公共性と企業性を併せ持ち、地域住民の暮らしを支える事業を行う重要な役割を担う一方で、経営が著しく悪化した場合には、地方公共団体の財政に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。

第三セクターの経営状況

一般財団法人大山恵みの里公社は、設立当初から町の補助金等も収入にしながら経営を行ってきており、事業を拡大してきておりますが、ここ数年赤字が続いており、法人のあり方も含め抜本的に見直していく必要に迫られました。

総務省通知

「第三セクター等の経営健全化方針の策定について」(平成30年2月20日付け総財公第26号総務省自治財政局公営企業課長通知)等により、経営健全化方針の策定・公表を今年度中に行うよう技術的な助言(地方自治法第245条の4第1項)がありました。

大山恵みの里公社経営健全化方針策定委員会

 

町は、第三セクターの経営健全化方針を策定するにあたり、有識者等で構成する「大山恵みの里公社経営健全化方針策定委員会」を設置し検討を重ねました。

経営健全化方針等

お問い合わせは企画課・営業企画室

大山町役場 2階  
〒689-3211 大山町御来屋328

電話0859-54-5202

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る