閉じる
閉じる

銅造観世音菩薩立像(二躰)

更新日:
2020年05月15日

 

 大山寺に伝わる銅像観世音菩薩立像2躰です。

 写真左は数度の火災に遭って顔面が損傷し、両手を欠損しています。像高32cmで様式等から奈良時代の作と推定されています。

 写真右は損傷が少なく、像高37.1cmで精巧で豊かな装飾が施されています。その様式等から北宋時代の渡来仏と考えられていますが、近年では遼時代の仏像との類似性も指摘されています。

指定日 明治37年2月18日
種別 美術工芸品
所在地 大山町大山(大山寺宝物館霊宝閣内)

お問い合わせは観光課 文化財室

大山町役場大山支所 1階  
〒689-3332 大山町末長500

電話0859-53-3136

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る