閉じる
閉じる

木造阿弥陀如来坐像

更新日:
2020年05月15日

 

 大山町前集落のお堂内に安置されています。

 寄木造り、彫眼の仏像です。像高85.7cm、表面は漆仕上げ、軽量であるため、丁寧な内刳りがなされているものと考えられています。

 像形が特徴的で、衣文の彫りの浅さや脚部の張りの弱さから、平安時代後期の作品と推定され、技巧や均整のとれた表現から中央仏師の作と考えられており、平安時代後期の優れた仏像として貴重な資料です。

※見学は事前に前集落区長への申込が必要です。

指定日 平成6年4月19日
種別 美術工芸品
所在地 大山町前

お問い合わせは観光課 文化財室

大山町役場大山支所 1階  
〒689-3332 大山町末長500

電話0859-53-3136

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る