閉じる
閉じる

ハンボ塚古墳出土埴輪

更新日:
2020年05月15日

 

 ハンボ塚古墳は、名和川流域の標高16mの平野部に単独で築かれた、古墳時代中期後半(5世紀後半頃)の大型円墳です。

 墳丘には葺石がめぐり、馬鐸をはじめ、人物埴輪、水鳥埴輪、衣笠埴輪、家形埴輪などの形象埴輪や円筒埴輪50点近くが出土しています。出土埴輪のうち、人物埴輪2点、水鳥埴輪1点が町指定保護文化財です。

指定日 昭和57年11月19日
種別 美術工芸品
所在地 大山町御来屋(名和公民館内)

お問い合わせは観光課 文化財室

大山町役場大山支所 1階  
〒689-3332 大山町末長500

電話0859-53-3136

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る