閉じる
閉じる

樋口神社本殿

更新日:
2020年05月15日

 

 樋口神社は、古くは牛頭天王と呼ばれていました。伝えでは、元暦年間(1184~85年)にこの地に移った樋口次郎兼光が村を形成し、後の南北朝に悪病流行に伴い京都祇園社牛頭天王(現八坂神社)を勧請して祀ったのが始まりといいます。

 本殿は春日造変態・杮葺き・擬宝珠高欄付です。明治32(1899)年の建築で、明治建築の資料として価値が高いものです。

指定日 昭和51年3月25日
種別 建造物
所在地 大山町樋口

お問い合わせは観光課 文化財室

大山町役場大山支所 1階  
〒689-3332 大山町末長500

電話0859-53-3136

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る