閉じる
閉じる

大山並木松

更新日:
2020年05月15日

 

 大山寺の参詣道は「大山道」と呼ばれ、尾高・坊領・川床・溝口・横手の五道があります。

 大山道には一町ごとに道標として松が植えられ、道標地蔵がたてられました。坊領道と尾高道沿いの大山並木松は、慶長年間(1596~1615年)頃に豪圓僧正が山奉行に命じて植えたものと伝えられ、指定時には65本がありましたが、現在は23本になっています。並木松は樹高23m前後、幹周4mにもなります。

指定日 昭和52年4月15日
種別 天然記念物
所在地 大山町大山付近(大山寺~槇原)

お問い合わせは観光課 文化財室

大山町役場大山支所 1階  
〒689-3332 大山町末長500

電話0859-53-3136

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る