閉じる
閉じる

大神山神社石の大鳥居

更新日:
2020年05月15日

 

 石の大鳥居は、岡山方面などから大山寺へ至る参詣道・横手道に、大山寺境内に入る門として嘉永7(1845)年に建てられたもので、当時は付近に番所もありました。

 柱には願主の大山寺西明院谷洞明院の僧侶禅信、施主の修理世話人として日野郡根雨宿の富豪・近藤氏などの名が刻まれています。鳥居は高さ約8.5m、幅12m、石柱の周囲約2mを測り、笠石は麓の明間原で造られたと伝えられています。

登録日 平成14年6月25日
所在地 大山町大山

お問い合わせは観光課 文化財室

大山町役場大山支所 1階  
〒689-3332 大山町末長500

電話0859-53-3136

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る