閉じる
閉じる

大山町公共施設等総合管理計画の策定について

大山町公共施設等総合管理計画の策定について

 大山町は平成17年3月に合併し、旧町が所有していた公共施設等をほぼそのまま引き継ぎました。合併後は、保育所の統廃合や学校施設の耐震化等の必要な改修・更新を行ってきました。

 しかしながら、まだ多くの公共施設等を所有している現状にあり、今後はこれらの施設の更新や改修の時期を迎え、多額の財政需要が見込まれる状況にあります。

 今後、人口減少・少子高齢化が進む等、社会構造や住民ニーズは施設の建設当時とは大きく変化し、公共サービスのあり方を改めて見直す必要が迫られています。

 そこで、現状の公共施設等の実態を適切に把握し、将来生じるであろう改修や更新に係る経費を予測し、次世代に引き継ぐことができる公共施設等のあり方など運営方針を示すことを目的とした「大山町公共施設等総合管理計画」を策定しました。

 今後は本管理計画で示した方針に基づき、公共施設等の総合的なマネジメントを進めてまいります。

「大山町公共施設等総合管理計画」の内容につきましては、添付の資料をご覧ください。

大山町公共施設等ユニバーサルデザイン化推進計画

大山町公共施設等総合管理計画において、今後のユニバーサルデザイン化について記載しており、それに基づいて大山町公共施設等ユニバーサルデザイン化推進計画を策定しました。

お問い合わせは財務課

大山町役場 2階  
〒689-3211 大山町御来屋328

電話0859-54-5200

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る