閉じる
閉じる

大山町公共施設再配置計画及び大山町公共施設長寿命化計画の策定について

更新日:
2020年04月13日

大山町では、平成17年3月に合併し、各町が保有していた施設をそのまま継承したことにより、多くの公共施設を保有しています。これらの公共施設の中には、大規模改修や建て替え時期を迎える施設があり、多額の財政需要が見込まれます。限られた財源の中、このままでは全ての公共施設を維持していくことは困難であることが予想されます。

こうした状況の中で、平成29年3月に「大山町公共施設等総合管理計画」を策定し、公共建築物の延床面積を30年間で20%削減することを目標として掲げています。

このたび、この目標を達成するため、公共施設の管理状況調査や劣化診断などを基に、各施設毎に継続、転用、集約、廃止などの今後の方針を示した「大山町公共施設再配置計画」を策定いたしました。

また、併せて、公共施設の今後30年間における年次別の維持管理・更新費用を試算し、修繕費等の平準化に向けた方針を示した「大山町公共施設長寿命化計画」を策定しました。

Icon 大山町公共施設再配置計画.pdf (4.9 MB)

Icon 大山町公共施設長寿命化計画 .pdf (3.9 MB)

 

お問い合わせは財務課

大山町役場 2階  
〒689-3211 大山町御来屋328

電話0859-54-5200

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る