閉じる
閉じる

子どもの予防接種

更新日:
2020年07月06日

予防接種について

予防接種とは、感染症の原因となるウイルスや細菌、または菌が作り出す毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、これを体に接種してその病気に対する抵抗力(免疫)をつくることをいいます。

定期の予防接種(予防接種法に基づくもの)

定期の予防接種は、予防接種法に基づいて実施します。
接種費用は、公費で負担されるため無料です。
予防接種を受けたことにより健康被害を受けた場合には、予防接種法による救済制度があります。

定期接種は、決められた期間を外れると任意接種となります。費用が個人負担となるほか、健康被害が起きた際の救済制度が変わりますのでご注意ください。
(病気などで期間内に接種が受けられない場合はこども課にご相談ください。)

 

任意の予防接種(法律によらないもの)

 予防接種法に基づいて実施される「公費による補助が受けられる予防接種」以外のすべての予防接種は、任意予防接種となり、接種費用は全額自己負担になります。なお、任意の予防接種に対しても助成制度がある場合もあります。

 また、予防接種を受けたことにより健康被害を受けた場合には、医薬品副作用被害救済基金法に基づき手続きを行うことになります。
 

お問い合わせはこども課

保健福祉センターなわ 1階  
〒689-3211 大山町御来屋467

電話0859-54-5205

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る