閉じる
閉じる

大山町観光戦略の策定について

更新日:
2021年09月15日

大山町は、海・里・川・山のすべてがコンパクトにまとまっており、この豊かな自然環境は全国的に見ても数少ないと言えます。また、古来より培われた文化歴史にも大きな魅力があります。
大山町では、平成30年の伯耆国「大山開山1300年祭」を契機に、国立公園大山を中心として大山山麓一帯での広域的な誘客施策を行ってきました。今後、伯耆国「大山開山1300年祭」のレガシーを継承し、大山観光がより持続可能な発展をするために、山だけではなく海・里を含めた観光を推進する「大山町観光戦略」を令和3年7月に策定しました。
「大山町観光戦略」では、「大山の環境に配慮し、大山の資源を活かしたアクティビティが楽しめる持続可能な観光地域づくり」をテーマに、地域課題の解決や地域の価値を高める視点を併せ持ちながら、山から海まで一度に楽しめるロケーションと自然・文化歴史・食を体感できる持続可能な観光地域を目指します。
 

(注)記載の事業は策定当初の計画です。

お問い合わせは観光課

大山町役場大山支所 1階  
〒689-3332 大山町末長500

電話0859-53-3110

上へ戻る