子ども読書推進活動 本のある街だいせん町お役立ち情報図書リストおはなしのたね3・4年生

3・4年生

   

こわがりやの忍者 ―7人の忍者のドキドキなお話―

日本児童文芸家協会・編  ポプラ社

さゆりは、おつかいをたのまれました。でも、おつかいに行くとちゅうには、大きな犬がいます。「ああ、どうしよう」すると、「せっしゃに、おまかせあれ!」とつぜん、小さな忍者があらわれました。(『こわがりやの忍者』)他にも6人の忍者のドキドキするお話が入っています。

おすのつぼにすんでいたおばあさん

ルーマ・ゴッデン 文  なかがわちひろ 訳・絵  徳間書店

おすのつぼの形の家に住んでいるおばあさん。びんぼうでしたが、しあわせにくらしていました。ある日、小さな魚を助けます。じつは、それは魚の王さまで、お礼になんでも願いをかなえてくれることになります。はじめは小さな願いごとが、だんだん大きくなっていき…。

冥界伝説・たかむらの井戸

たつみや章 作  広瀬弦 絵  あかね書房

毎年、お盆のお墓参りをしに、おばあちゃんの家へ行く悟。おばあちゃんの家には、「あの世」とつながっているという伝説の井戸がある。伝説を調べに行った悟が出会ったのは、冥界に帰れなくなった迷子のおばけ“たかむら”。悟と“たかむら”との不思議な夏がはじまる。

ホネホネたんけんたい

西澤真樹子 監修・解説   大西成明 写真  松田素子 文  アリス館

ホネがある動物を知っていますか?この本は、いろいろな動物のホネが出てきます。なんの動物のホネかわかるかな?ほかにも、〈鳥はなぜ飛べるのか?〉〈鼻の中にもホネがある?〉など、ホネのひみつがいっぱい!さあ、きみもホネの探検に出発!

おふろのなかからモンスター

ディック・キング=スミス 作   はたこうしろう 絵   金原瑞人 訳        講談社

大嵐のあとの海岸で見つけたふしぎなたまご。おふろの中に入れておいたら、なんと生まれてきたのは恐竜?クルーソーと名づけて、かい始めたけれど、ものすごい大食いで、どんどん大きくなり、もう家の中でかうのは無理になってきた。さあ、どうする!

ハチ公物語 ―待ちつづけた犬―

岩貞るみこ 作   真斗 絵   田丸瑞穂 写真  講談社

本当の子どものように、かわいがられて育った犬のハチ。初めて駅で、主人の“おみおくり”をした。「おみおくりに行けば、帰ってきてくれる。」そんな思いを胸に、ハチは雨の日も、雪の日も、毎日大好きな先生を駅でまちつづける…。本当にあった日本一有名な犬ハチの物語。

    

図書館で検索・予約する