子ども読書推進活動 本のある街だいせん町お役立ち情報図書リスト夏休みにおすすめの本リスト平成22年度版中学生むけ

中学生むけ

   もし高校野球の女子マネージャーが   神様のカルテ
   ドラッガーの『マネジメント』を読んだら   
   岩崎 夏海(著)  <ダイヤモンド社>   夏川 草介(著)   <小学館>
   野球部のマネージャーになった川島みなみの目標は   信州の病院に勤務する栗原一止は、
   「野球部を甲子園に連れて行く」こと。   敬愛する夏目漱石先生の影響で
   みなみは、マネージャーをするために買った   古風な話し方をします。
   「マネジメント」の本を参考に   専門は内科医なのですが、
   野球部のマネジメントに    地域医療の現場は
   取り組みます。   一般診療から救急医療まで
   甲子園に行くことは   こなさないといけないのが現状。
   できたのでしょうか。   医療現場を舞台に、切なくて心温まる作品です。
   心晴日和   リリース
   喜多川 泰(著)  <幻冬舎>   草野 たき(著)   <ポプラ社>
   14歳の美輝は、   明良が生まれた時、
   ある日、病院の屋上で不思議な老人に出会います。   明良の父は事故に巻き込まれ、
   すべてにおいてツイてない、   この世を去ります。
   自分の居場所がないと思っていた   明良は、父の「医者になれ」という遺言と
   美輝でしたが、   親せきの期待もあり、
   老人と出会って会話する中で   本当の気持ちを隠して生活していましたが、
   いろいろなことに気づき始め、   兄の裏切りを知ったことをきっかけに
   人生の考え方が変わってきます。   自分の本心と向き合います。
   ハンター   やせっぽちの死刑執行人(上・下)
   ジョイ・カウリー(作)  <偕成社>   Darren Shan(作)  <小学館>
   ニュージーランドの先住民マオリの   ジェベルは、背が低くてやせっぽちの少年です。
   どれい少年ハンターには、   ワディの町では名よある死刑執行人の父が、
   見えないはずのものが見通せる   引退することをきめます。
   特別な能力がありました。   候補にあげられなかった三男のジェベルは、
   ある日、ハンターの視界に   後継者選びの協議会に出場するため、
   弱々しい少女が・・・。   どれいのテル・ヒサニをつれて
   その少女は、   ツバイガート山へ
   異次元の別世界に住んでいました。   試練の旅に出かけます。
   どんとこい、貧困!   僕たちのプレイボール
   湯浅 誠(著)  <理論社>   鬼塚 忠(著)   <幻冬舎>
   「貧困」は社会の問題であり、私たちの問題でもあります。   母と日本に戻ることになった球児は、
   頼れる人もいなくて、   フロリダをたつ日、リトルチームで
   将来も見えてこないような状態を   バッテリーを組んでいたランディと
   「貧困」といいます。   次の年の世界大会で会う約束をします。
   「貧乏」とは違います。   日本に戻った球児は、
   貧困に「どんとこい!」と   リトルチームに入るのですが、
   立ち向かえる社会を   入団したチームはメンバーも
   作っていきましょう。   そろっていない弱小チームでした。