子ども読書推進活動 本のある街だいせん町各施設からのお知らせ小・中学校『おはなしのたね②』ができました!(2010)

『おはなしのたね②』ができました!(2010)

大山町内の小・中学校図書館ではただ今、『おはなしのたね②』スタンプラリー実施中です(^^♪

       

『おはなしのたね②』の挑戦期間は、読書週間が始まる10月27日から2学期末まで。

本を1冊読み終えるごとにカードにスタンプを押します。本を10冊完読でゴールです!

       

→おはなしのたねって???

 大山町の学校司書さんたちが作ったオススメの本リストのことです。

 昨年度に続き、今年は第2弾を作りました!

    

小学校用の『おはなしのたね②』は、1・2年生用、3・4年生用、5・6年生用の3種類。

 この『おはなしのたね②』の中にはオススメ本6冊のほかに指令が4つ載っています。

 指令にあったジャンルの4冊は、必ず読まなければいけません!

 残りの6冊は自分の読みたい本を借りてね。

                                                                     表紙

【オススメの本&指令キーワード】                                     ↑おはなしのたね②の表紙だよ~!!     

 1・2年  
 ★オススメ 「いいからいいから」(絵本館)「王さまのアイスクリーム」(大日本図書)「せかいいちおいしいスープ」(岩波書店)
         「たまごのなかにいるのはだあれ?」(福音館書店)「すいはんきのあきやすみ」(PHP研究所)「山のとしょかん」(岩波書店)
 ★指 令  ①《日本のむかしばなし》 ②《読書のまど》 ③《動物がでてくる本》 ④《外国のむかしばなし》
            
 3・4年
 ★オススメ 「森のお店やさん」(アリス館)「オバケだって、カゼをひく!」(ポプラ社)「百まいのドレス」(岩波書店)
          「どうぶつさいばんライオンのしごと」(偕成社)「ホバート」(金の星社)「りこうすぎた王子」(岩波書店)
 ★指 令  ①《秋・冬のお話》 ②《読書のまど》 ③《4類自然の本》 ④《外国のむかしばなし》
            
 5・6年
 ★オススメ 「犬やねこが消えた」(学習研究社)「さすらいの猫ノアの伝説」(講談社)「進化のはなし」(評論社)
           「シノダ!チビ竜と魔法の実」(偕成社)「どまんなか」(講談社)「モ モ」(岩波書店) 
 ★指 令  ①《本当にあったお話》 ②《読書のまど》 ③《2類歴史・地理・伝記の本》 ③《名作文学》

        

                                    

ゴールした人には、ステキなしおりが待っています(*^。^*)

     

中学生用は、初級編・中級編・上級編と、3種類あるので、自分にあった『おはなしのたね②』を選べます。

                     

 それぞれの『おはなしのたね②にはオススメ本6冊のほかに、

 挑戦する本の内容を指示した☆マークが4つのってます。

 オススメ本6冊と☆マークの中から必ず5冊を読んでください。

 残り5冊は自分の好きな本を借りてOK。

         

        

  スタンプ10個ですてきなプレゼント。

            

      裏   ←こっちが裏面!読んだ本の名前を書いてスタンプを押してもらうんだ♪

                                                              

【オススメの本&☆マーク】

 初級編:比較的文章量が少なく、絵を多く掲載。ジャンルはさまざまですが読みやすい本をセレクト!!
 ★オススメ 「いのちをいただく」(西日本新聞社)「学校がアホらしいキミへ」(大和書房)「地球を救うエコ数学」(小学館)
 「ちいさなちいさな王様」(講談社)「カランコロン漂泊記」(小学館)「3秒でハッピーになる 名言セラピー」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
 ☆マーク  《ミステリーの本を読もう》 《幽霊・おばけ・妖怪の出てくる本を読もう》《自然科学の本を読もう》《名作文学の中から選ぼう》
 中級編:楽しく読みたいならこれ!!文章量はあるけれど、気楽な気持ちで楽しく読める本をセレクト!!
 ★オススメ 「食堂かたつむり」(ポプラ社)「アミ 小さな宇宙人」(徳間書店)「サッカーボーイズ 明日への絆」(カイゼン)
  「半ケツとゴミ拾い」(地湧社)「世界でたったひとりの子」(竹書房)「レインツリーの国」(新潮社)
 ☆マーク  《ミステリーの本を読もう》 《幽霊・おばけ・妖怪の出てくる本を読もう》《自然科学の本を読もう》《名作文学の中から選ぼう》
 上級編:文章量も多いけれど、内容も少し難しいかも。しかし、読んだ後には心に何かが残る本をセレクト!!
 ★オススメ 「アミスタッド 誇り高き自由への闘い」(ポプラ社)「聖職の碑」(講談社)「散るぞ悲しき」(新潮社)
 「ジャック・デロシュの日記 隠されたホロコースト」(岩崎書店)「オシムの戦術」(中央公論新社)「春のはじまる朝 家裁調査官物語」(東京書籍)
 ☆マーク  《ミステリーの本を読もう》 《幽霊・おばけ・妖怪の出てくる本を読もう》《自然科学の本を読もう》《名作文学の中から選ぼう》