子ども読書推進活動 本のある街だいせん町本のある街づくり大山町子どもの読書活動推進計画計画推進のための目標と取り組み2.子どもの読書活動推進のための環境の整備と活動を支える人の育成

2.子どもの読書活動推進のための環境の整備と活動を支える人の育成

2-1.地域における子どもの読書環境の整備

                                                                                                  

 公民館、児童館、ふれあい会館、放課後児童クラブ等の各施設の図書コーナーは、子どもたちが自然に本と出会う場所です。

 これらの施設は、さまざまな工夫をこらした図書サービスを行い、遊びや学びの生活の中で楽しく読書のできる環境に整えます。

 また、これら施設職員の読書活動推進に対する意識を高める研修も行っていきます。   

2-2.図書館の充実

                                                                                                  

 町立図書館本館・分館は、町内のすべての子どもが自由に本に出会うことのできるよう、施設設備の整備を行います。

 そして、優れた良質の本を選ぶことができたり、子どもの疑問質問に的確に応えたりアドバイスできるように、県立図書館と連携し、職員の資質の向上を図ります。  

2-3.学校司書の配置の充実

                                                                                                  

 学校図書館に本があっても人がいなければ、子どもの活発な読書活動はのぞめません。

 学校司書が図書館に常にいることで、子どもは図書館を身近に感じ、読書への意欲を持続することができます。

 学校司書の配置の充実に努めます。

2-4.読書ボランティアの活動支援とネットワークづくり

                                                                                                      

 子どものよりよい読書環境をつくるには、地域で活動している読書ボランティアの活動が大きな力になります。

 読書ボランティアグループに対しては、活動がさらに活発になるよう、図書館をはじめとする各関係機関が、積極的に活動場所と資料や機材の提供をしたり、育成講座等の開催を行ったりする必要があります。

 さらに、図書館が中心となり、保育所、小・中学校、公民館、児童館、ふれあい会館、放課後児童クラブ等と町内の各読書ボランティア団体とが連携を取り合い、ネットワークをつくることによって、読書活動の計画的な推進を図ります。