子ども読書推進活動 本のある街だいせん町本のある街づくり大山町子どもの読書活動推進計画計画推進のための目標と取り組み3.子どもの読書活動推進についての啓発・広報

3.子どもの読書活動推進についての啓発・広報

3-1.啓発活動の推進

                                      

 子どもの読書活動を強く推進するためには、町は、活動の意義についての関心と理解が町民に広く深まっていくようにしなくてはなりません。

 「子ども読書の日」はもとより、あらゆる機会をとらえて啓発をすすめていきます。

3-2.広報活動の推進

                                       

 町は、あらゆる機会をとらえ、子どもたちの声を聞きながら、町報やチラシ、町のホームページを活用し、子どもの読書活動に関連する行事を機械あるごとに町民に広く伝える広報活動の取り組みを行います。

3-3.情報の提供

                                     

 優れた絵本や児童文学は、大人が読んでも感動します。年齢、性別にとらわれない、柔軟な読書案内の実施が求められます。

 図書館は、効果的な選書と共に幅広い読書案内を実施します。また、子どもの読書関連行事において、子ども向けの本と共に保護者に向けての本も用意し、大人も子どもと共に本を選ぶ楽しさを提供します。

 保育所や学校へ配布する図書館だよりで、子ども向けの新着本を迅速に紹介し、本に対する興味や関心を常に持続し、新鮮な喜びを持つことができるようにします。