子ども読書推進活動 本のある街だいせん町「わたしのすきな本」コンクールこれまでの「すきな本」ぼくらの シリーズ

ぼくらの シリーズ

   

  

  ①Mさん(大山西小学校6年)②Tさん(大山西小学校6年)③Nさん(中山小学校6年)の「すきな本」

         

   「ぼくらのシリーズ1 ぼくらの七日間戦争」宗田理著(ポプラ社ほか)

   

 

    <紹介文>

        

 ①この本は「管理」や「規則」と戦う中学生たちの痛快学園物語。

 七日間廃工場に解放区を作り、たてこもって、悪い大人たちを

 「イタズラ」でやっつけるというとても読んでいると楽しくなる本です。

  

  しょう415 

    

     

     

    

    

           

  

 ②夏休みを前にした、1学期の終業式の日、東京下町にある中学校の

 一年二組の男子生徒が姿を消した。FMラジオから聞こえてきたのは、

 消えた生徒たちが流す解放区放送。七日間に及ぶ大人たちとの大戦争。

 中高生たちの暑い支持を受けつづける大ベストセラー。

   

   

  しょう416

    

    

    

    

    

 ③夏休みを前にした、1学期の終業式の日、東京下町にある中学校の、

 一年2組の男子生徒全員が、姿を消した。いったいどこへ・・・?

 FMラジオから聞こえてきたのは、消えた生徒たちが流す解放区放送。

 彼らは河川敷の廃工場に立てこもり、ここを解放区として叛乱をおこす。

    

   

  しょう554

               




  

  同作者で別の作品を「わたしのすきな本」に選んでくれたお友達がいるので、

  ご紹介します!!             → 「おばけアパートの秘密」