子ども読書推進活動 本のある街だいせん町大山町について調べよう調べてみました第2回「はまなす」について調べてみました

第2回「はまなす」について調べてみました

大山町で「はまなす」ってよくきくけど、なんなんでしょう???そこで今日は、「はまなす」を調べに

図書館へやってきました。

「はまなすについて調べたいのですが・・・。」

司書さんが、植物学の棚から植物図鑑を何冊ももってきてくださいました。

はまなすあったところ ←植物学の棚。本がいっぱい~!

「はまなすって植物だったんだ・・・。」よんだね6

  ハマナス<バラ科・バラ属>
  学名…Rosa rugosa
  別名…ハマナシ(浜梨)
  漢字名…浜茄子
  分布…太平洋側は茨城県以北、日本海側は島根県以北
  開花期…5~7月
  花径…6~8センチ
  高さ…1~1.5メートル
  花色…紅、白
  メモ:海岸の砂地に群落して自生し、強い芳香がある。果実は平たい球形で
  8~9月頃に赤く熟し、酸味があるが食べられる。
  (参考資料④)

「大山町にもハマナスがさいているんだ!!」
「大山町のハマナスについて調べたいんですが・・・」

すると、次は司書さんが郷土資料の中の植物学の棚から何冊かもってきてくださいました。

郷土資料 植物関係があったところ

↑郷土資料の本棚です。            ↑郷土資料の中の植物学の棚です。こんなにたくさんあるんだ~びっくり!!

                            

  中山町の特徴的な植物
  町の花 ハマナス(国指定天然記念物)
  大正11年3月8日、ハマナス分布南限地として国の天然記念物に指定された。
  ハマナスの分布は、北海道から本州、日本海側では、中山町松河原海岸まで、 
  太平洋側では、茨城県が自生の南限地帯となっている。ハマナスはバラ科に属し、
  海岸の砂地に生え、地下茎を伸ばして増え、群落をつくる。6~8月頃に、ピンク色で
  直径6~8センチの花を咲かせる。花には芳香がある。果実は直径2~3センチで、
  8~9月頃に赤く熟し、食べられる。その名は、果実を梨にたとえて、「浜梨」の東北なまり
  からハマナスになったともいわれる。
  松河原のハマナス群落は、下市川河口東側の海岸に、幅10メートル、長さ40メートルにわたって
  自生している。
  ハマナスは石と石の間に根を張り、周辺にはクロマツ、マサキ、トベラなどの低木が生育している。
  群落内には、ハマゴウ、ハマハタザオ、ハマエンドウ、ハマヒルガオ、ハマボッス、タイトゴメなどの
  海浜植物の他、テリハノイバラ、ツワブキ、オオマツヨイグサなどが、自生している。
   (参考資料⑤)

↑上記資料は、貸出できないとのことだったので、コピーしてもらいました。

(1枚20円でコピーもしてもらえるよ!!)また、他の資料にはこんなことが書いてありました。

  松河原のハマナス群落
   JR下市駅から北西へ1.8km、下市川河口東側の海岸に、巾10m、長さ40mにわたってハマナス自生地が
  ある。ハマナスは北方系のバラ科の植物であるが、島根県まで点在分布している。鳥取県では本地域と
  鳥取市の白兎海岸に群生地があり、いずれも分布南限地帯のハマナスとして国の天然記念物に指定され
  ている。
   後方は高さ3mほどの段丘が連なってクロマツ、マサキ、トベラの風衝林ができ、その前面にゆるやかに
  傾斜して広がる円礫の堆積する礫浜にハマナスの優占する群落がみられる。群落の規模は比較的小さく、
  高さ80cm、植被率30%位であり、けっして旺盛とは言いがたい群落である。その粗密な群落内にはノビル、
  ヤブソテツ、カワラナデシコ、カキドオシ、ナワシロイチゴなどが生育し、ノブドウ、アオツヅラフジ、 
  ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイなどのつる植物などが繁茂する。その他、海浜にはテリハノイバラ、
  ハマゴウの低木、ハマハタザオ、ハマエンドウ、ハマヒルガオ、ハマボッス、タイトゴメなどの海浜植物が
  自生している。
   周辺の下市川河口付近には、クロマツの海岸林の一部が残り、マサキ、トベラの低木林や林床には
  ツワブキの群生がある。そして対岸にもわずかながらハマナスの小群落が存在する。
  文献
  生駒義博(1971)中山町のハマナス自生南限地帯.鳥取県文化財調査報告書第9集.鳥取県教育委員会.
  (参考資料⑥)
「大山町のハマナスは貴重な花だったんですね・・・。調べてたら実物をみたくなっちゃいました!!!」
「ちょっとまって!この文献にはもっとくわしいことがかいてあるかもしれない・・・」
文献
生駒義博(1971)中山町のハマナス自生南限地帯.鳥取県文化財調査報告書第9集.鳥取県教育委員会.
そういってこの文献が図書館にあるか調べてくれました。結局、県立図書館にあるとのことで、後日とりよせてくれました。
もし、図書館にない本でも、鳥取県内の図書館にあれば、司書さんが取り寄せてくれます!
なんとも心強いですね!
 県指定天然記念物 中山町のハマナス自生南限地帯
 所在地 鳥取県西伯郡中山町松河原字西小鯰352,364,22,28番先の海岸
 (120m×15m面積1800㎡)
 指定年月日 昭和40年9月28日
 概要 交通・山陰線下市駅下車またはバスで松河原下車、下市川を下る500mの海岸で、河水がそそぐ海岸一帯に
 堆積した転石にのなかにハマナスの群落がある点でも生態学的とまた地史学的にも珍らしい。地質時代の末期の
 氷河時代がつづいた頃には砂浜であって北方寒帯植物が南下分布してきたあとに大山から出た転石で65cmに
 おおわれたが、ハマナスは強くて残ったものと考察する。ハマナスの群落は下市川口の(西方第1号)(東方第2号)
 さらに(東方第3号)の3ヶ所である。
  ハマナスは北太平洋すなわちアラスカ~青島の間のアジア大陸ならびに島々の主として海岸に分布し、初夏、
 美大の花を開くバラ科の植物である。本県の白兎は日本海側で、また茨城県大野村高萩町は太平洋側での国の
 指定であり、島根県大田市静間は島根県指定である。一般に分布の限界はわずかの環境の変化が消滅の原因と
 なる。鳥取県大山町所子は南限を解除したのはよい例である。
  大きな視野で白兎も静間も大差がない。日本海側で3ヶ所ぐらいの指定は必要である。中山町のものは南限ばかり
 でなく、転石中にある生態学的にも地史学的にもきわめて貴重なる天然記念物である。
 
 ハマナスの分布
  日本海沿岸では佐渡を含めて島根県山陰線都野津駅近く(浜田市に近い)の辺まで南下して自然分布があったが
 今は絶滅したが、大田市静間に群落があって島根県の天然記念物に指定されている。また鳥取県では西伯郡
 大山町福尾の海岸にも自生があったが、自然環境の変化でほとんど絶え、ハマナス自生南限地帯として天然記念物
 であったが解除された。鳥取県西伯郡中山町松河原は大山町近くであるが、すこし東方にあたる。朝鮮済州島にも
 分布するから南限ではないが、南限地帯にはあたるとして、特に生態学上では興味があるので、鳥取県で天然記念
 物に指定された。
  鳥取県中山町・転石の中のハマナス 山陰線下市駅近くで、下市川(川巾16m河口で12m)が日本海にそそぐ、
 海岸の東方138mあたりと、西方76mの2ヶ所にハマナスの群落がある。
  考察 ハマナスは元来北方寒地の海岸砂地の植物であるが、多くの寒地植物、寒地動物は地質時代の末期の
 氷河時代に南下分布した。その頃この中山町一帯は砂地であったのでよく分布し育成し繁茂したのであろうが、
 その後、たびたびの大洪水で大山から土砂、転石をおし流した。そのため、多くの転石のために枯死したものも
 あろうまた枯死するまでに堆積せず、そのうち堆積の少ないところでは上は伸びた。これをいくたびかくり返し上へ
 上へと伸びて今日までつづいた。65cmのところの砂れきのところでこれ幸いと上へ伸びて、きわめて環境が、これに
 適応したものと考察する。
  中山町のハマナスはふつうには1~2mにおよぶ丈の高いものと異って、65cmの深いところから出てきて、転石上
 には10cm内外の丈の低いものであるが、石の下から計算すると1m内外となる。丈の低いことなど砂れき地植物
 と共通性があってきわめて珍らしい植生である。
  中山町の転石の中のハマナスは純群落であるが、ハマナスの群落に混生する主なる植物はオニヤブソテツ・
 ママコノシリヌグイ・センニンソウ・ハマハタザオ・テリハノイバラ・ハマエンドウ・エビヅル・ハマヒルガオ・ヤエムグラ・
 カモジグサ・ノビル・クサスギカズラ・オニドコロなどで、次にきわめてわい生のタブノキ・マサキなどがハマナスと
 同様低木型となって自然潮風よけの潮垣となってすぐ内陸側の水田となる。中山町のハマナスは日本での自生南限
 地帯であるばかりが、転石の中に生ずることは植物生態学上きわめて興味ある課題を提供している。
   (参考資料⑧)

「所在地は番地まで書いてあるし、本当に詳しいことが書いてある。実は、大山町にはもう1箇所
ハマナスが咲いていた場所があったんだ!!でも、松河原の転石中のハマナスは本当に貴重
な植物で、資料にもあるとおり、環境の変化が消滅の原因となるらしいから環境がかわらない
ようにしていかなきゃいけないね・・・。」
  

司書さん探してくれます                   よんだね4   

↑「ハマナス」を検索中の司書さん。

さらにさらに、本の貸出だけでなく、インターネットでも司書さんは調べてくれます。これは、印刷できないので、
その場でみせてもらえるよ。司書さんが信用できるサイトから情報を提供してくれます。
最後にアドレスも教えてもらいました。
↓それがコチラです…。

大山王国ホームページ

大山の旅D-CLUBホームページ 
鳥取県観光情報ホームページ

「司書さん、ありがとうございました。また調べ物をするときはよろしくお願いします。」