その1 出発前編

雪道での運転は、未経験者にとっても、経験者にとってもやっかいなもの。
スノードライブを少しでも安全に、そして快適に行っていただくために、 大山で生まれ育ったむきぱんだ直伝のドラテクをお教えしましょう。
まずは出発前の準備から。

■出かける前のチェック

快適ドライブ

出かける前のチェックをタイヤ・チェーン・バッテリー・不凍液などパーツ別にアドバイス。


1.タイヤ

言うまでもなくスタッドレスタイヤが必須。
要注意なのは溝の減り具合。あと、ほとんど使っていなくても、コンパウンドは時と共に劣化するもの。古いタイヤは思い切って交換するべし。

 2.チェーン

タイヤチェーンなんてダサくて!と思っているあなた!
チェーンをバカにしているとそれ以上にダサい思いをするのは必定。必ず持っていこう。
「現地で調達すればいいや」というのも大間違い。必要なときに店があるとは限らないのが雪山の常。そして売り切れのこともある。さらに雪は突然に降ってくる。
要チェックなのは、サイズと付属品。せっかくのチェーンも無用の長物とならないように購入の際は確認が必要。

 3.バッテリー

帰ろうとしたら、セルモーターが回らない!ということにならないように、古いバッテリーは早めに交換。バッテリー液も事前に確認しておくこと。

4.不凍液

今時不凍液の入っていない車などないとは思うが、意外に多いラジエータの凍結事故。
あなたはラジエータに水道水を補充してばかりではありませんか?

5.軽油

大山ではよほどのことがない限り問題ないが、極寒の地に行く場合は、軽油が凍ってしまうことがある。凍らぬ先に寒冷地用の軽油を。



■持ち物[必需品]

これだけは、持っていこう!!雪山でのドライビング必需品をご紹介。


 1.タイヤチェーン

前に言ったとおり。4WDでも必須。嘘だと思う人はスタックの可能性が無限大。

2.牽引ロープ

運悪くスタックしたときのお助けマン。丈夫なワイヤーがベスト。これがなければおネエさんを助けてあげることもできない。

3.懐中電灯

スキーから帰るときは暗くなるのが普通。根性のある人は暗いうちから出発。となると、チェーンを付けるときなどになくてはならないもの。

4.ブースターケーブル

セルの回しすぎ、バッテリーの劣化などで、エンジン始動ができないときに、 これがあればお隣さんからちょっと拝借ができる。

軍手・腕がすっぽり入るゴム手袋

5.軍手(の類)

雪の上で素手でチェーンをかける辛さを味わいたくなければ、そして大切なスキーグラブを汚したくなければ持っていたいもの。
こんな腕がすっぽり入るゴム手袋もある。→


車が雪に埋まったとき

6.スコップ

スタックしたとき、チェーンをかけるときなどに雪の移動をするのに必要。スタックして道路をふさいでいても、これを持って仁王立ちしていれば、普通の人は文句を言わない。
駐車場に停めている間に、車が雪に埋もれてしまった場合にも有効。
もうひとつ。路上に違法駐車して除雪車にベルリンの壁を作られてしまったとき、これを崩壊させるために必要。除雪した雪は堅いぜ!



■持ち物[あれば便利なもの]

ブラシ・スクレーパー

雪山ドライブ、「持っててよかった〜。助かったぁ〜。」
まさにカユイところに手が届く、あれば便利なグッズをご紹介。


1.ブラシ・スクレーパー

要するに、雪落としと凍結部分のかき落とし用具。一般にセットになっていることが多い。 凍結した窓ガラスはヒーターの力だけで溶かすにはかなりの時間が必要。

2.融雪剤・潤滑油

凍った窓ガラスや鍵穴を溶かすために使うのが融雪剤。
鍵穴が凍らないようにするのが潤滑油。
どちらもなければガムテープを貼っておくだけでも効果は大。

3.針金

チェーンが切れたときの応急処置用。
F氏は某高速道路上でチェーンが切れ、大切な披露宴に遅刻した経験あり。


防水マット

4.防水マット(の類)

チェーンを付けるときの下敷き、スタックしたときの滑りどめ、窓が割れたときの風避け(普通は使わないって!)など、いろいろ役に立つ。


帽子

5.帽子

スキー場以外でも雪は降ってくるとしたもの。
髪が濡れると風邪を引く原因ともなる。