○大山町農産物処理加工施設条例

平成22年3月26日

条例第1号

(設置)

第1条 農水産物の付加価値の向上、特産品の開発等地域農水産業の振興を図るため、大山町農産物処理加工施設(以下「加工施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 加工施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

大山町農産物処理加工施設

大山町塩津775番地

(管理)

第3条 加工施設の管理は、町長が管理する。

(受託者による管理)

第4条 前条に規定する加工施設の管理は、町長において適当と認める者に、次に掲げる業務を委任することができる。

(1) 加工品の生産及び開発並びに農水産物の加工に関する業務

(2) 加工施設における加工計画の策定

(3) 農水産物加工技術の習得

(4) 加工施設の維持管理に関する業務

(5) 第1号から第4号までに掲げるもののほか、加工施設の設置の目的を達成するために町長が必要と認める業務

(損害賠償)

第5条 加工施設の施設及び備品等をき損又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 第4条の規定による委任及びこれに関し必要な手続その他の行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

大山町農産物処理加工施設条例

平成22年3月26日 条例第1号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第2節
沿革情報
平成22年3月26日 条例第1号