○大山町逢坂農産物処理加工所規則

平成25年3月31日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は、大山町逢坂農産物処理加工所条例(平成24年大山町条例第24号。以下「条例」という。)の規定に基づき、大山町逢坂農産物処理加工所(以下「加工所」という。)の管理運営に関する事項を定めるものとする。

(利用時間及び休館日)

第2条 加工所の利用時間及び休館日は、次のとおりとする。

(1) 加工所の利用時間は、午前9時から午後10時までとする。

(2) 加工所の休館日は、毎週月曜日とする。(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)

(3) 1月2日及び同月3日並びに12月29日から同月31日まで

2 前項の規定にかかわらず町長が特に必要があると認めたときは、利用時間及び休館日を変更することができる。

(利用許可の申請)

第3条 条例第4条による許可を受けようとするものは、様式第1号による加工所利用許可申請書(以下「申請書」という。)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、加工所の利用の許可をしたときは、様式第2号による加工所利用許可書を交付するものとする。

(使用料の納入)

第4条 使用料は、申請書を添えて納付しなければならない。ただし、町長が必要と認めたときは、当該利用の終わった後に使用料を納付させることができる。

(利用取消しの届出)

第5条 条例第4条の規定により加工所の利用許可を受けた者が、利用取消しをしようとするときは、当該利用開始日の前日までに加工所利用取消届(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(使用料の減免)

第6条 条例第5条第2項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、加工所使用料減免申請書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第7条 条例第5条第3項のただし書により、加工所使用料の還付を受けようとする者は、当該事由の発生した日から1箇月以内に加工所使用料還付申請書(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

(行為等の制限)

第8条 条例第4条の規定により許可を受けて加工所を利用する者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 加工所の備品又は施設等をき損しないこと。

(2) 加工所内において他人の迷惑になるような行動又は騒音を発するような行為をしないこと。

(3) 利用許可のない備品又は施設等は利用しないこと。

(4) 備品等を許可なく加工所の外に持ち出さないこと。

(5) 所定の場所以外で喫煙又は火気の利用をしないこと。

(6) 加工所内に爆発物、可燃物、銃砲及び刀剣類等の危険物を持ち込まないこと。

(7) 許可なくして物品を販売しないこと。

(8) その他町長が定める事項

(備品、施設等のき損又は滅失の場合)

第9条 利用者は、備品、施設等をき損し、又は滅失したときは、遅滞なく加工所備品及び施設き損(滅失)(様式第6号)を町長に届け出て、その指示に従い、これを弁償し、又は原状に復さなければならない。

(利用後の処理)

第10条 利用者は、備品、施設等の利用を終了したときは、当該利用した備品、施設等を清掃し、又は整理してその旨を町長に届け出なければならない。

(指定管理者による管理)

第11条 加工所の管理を条例第6条に規定する指定管理者に行わせる場合にあっては、第2条第3条第5条第8条第9条及び第10条の規定を準用する。この場合において第2条第2項の規定を除き条文中「町長」とあるのは、「指定管理者」と読み替える。

2 前項の場合において様式第1号様式第2号様式第3号及び様式第6号中、「大山町長」とあるのは、「指定管理者」と読み替える。

(利用料の収受等)

第12条 条例第7条に定める利用料の収受については、第4条第6条及び第7条に定めるところによる。この場合において条文中「使用料」とあるのは「利用料」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第6条中「条例第5条第2項」とあるのは「条例第7条第2項」と、第7条中「条例第5条第3項」とあるのは「条例第7条第3項」と読み替える。

2 前項の場合において様式第4号及び様式第5号中「大山町長」とあるのは、「指定管理者」と、「使用料」とあるのは「利用料」と読み替える。

(その他)

第13条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大山町逢坂農産物処理加工所規則

平成25年3月31日 規則第9号

(平成25年4月1日施行)