○大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金交付要綱

平成29年4月1日

告示第94号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金(以下「補助金」という。)の交付について、大山町補助金等交付規則(平成17年大山町規則第46号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(交付目的)

第2条 本補助金は、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)の趣旨に則り、飼い主がいない猫に不妊又は去勢のための手術を受けさせる取組を支援することにより、飼い主のいない猫の繁殖を抑制し、もって生活環境を保全するとともに、町民の動物愛護意識の高揚を図ることを目的として交付する。

(補助対象者等)

第3条 補助金の交付の対象となる者は、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 町内に住所を有する者

(2) 町内において捕獲した飼い主のいない猫に対し、県内で開業する動物病院において、不妊又は去勢のための手術(不妊又は去勢のために獣医師が必要と認める手術をいう。)及び、当該飼い主のいない猫の耳先の一部を切除する手術(以下「手術」という。)を実施した者

(3) 大山町税条例(平成17年大山町条例第58号)に規定する町税及び大山町国民健康保険税条例(平成17年大山町条例第61号)に規定する国民健康保険税の滞納がない者(生計を一にする者も含む。)

(補助金の交付額)

第4条 補助金の額は、飼い主のいない猫1匹につき、手術に要する経費に2分の1を乗じて得た額(当該額に100円未満の端数がある場合は、当該端数を切り捨てるものとし、5,000円を上限とする。)とし、予算の範囲内で交付するものとする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、手術の実施前に、大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金交付申請書(様式第1号)及び納税確認同意書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定等)

第6条 町長は、前条の規定による補助金の申請があったときには、その内容を審査し、補助金の交付の可否を速やかに決定するものとする。

2 町長は、前項の規定により、補助金を交付すると決定したときはその額を決定し、申請者に、大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金交付決定通知書(様式第3号。以下「交付決定通知」という。)により通知するものとし、交付しないと決定したときは、申請者に、大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金不交付決定通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(手術の実施)

第7条 申請者は、前条第2項の規定による交付決定通知を受けた後でなければ、手術を実施してはならない。

2 同項の通知を受けた申請者は、手術を実施したときは、大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金実績報告書(様式第5号。以下「実績報告書」という。)に当該手術を実施した動物病院(以下「動物病院」という。)の獣医師により、証明を受けるものとする。

(実績報告)

第8条 申請者は、手術を受けた日の翌日から起算して30日を経過した日又は当該補助事業年度の3月31日のいずれか早い日までに、実績報告書に動物病院の領収書を添えて町長に提出しなければならない。

(補助金の請求)

第9条 前条の規定により実績報告を提出した申請者は、大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金交付請求書(様式第6号)を、速やかに町長に提出しなければならない。

(決定の取消し)

第10条 町長は、補助金の交付を受けた者が、虚偽又は不正の事実に基づいて補助金の交付を受けたと認めたときは、補助金の交付決定の全部又は一部を取消すことができる。

(補助金の返還)

第11条 町長は、前条の規定により補助金の交付の決定の全部又は一部を取消した場合において、当該取消しにかかる部分に関し、既に補助金が交付されているときは、期限を決めてその返還を命ずるものとする。

(その他)

第12条 この告示に定めるもののほか、この告示の実施について必要な事項は、町長が別に定める

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

大山町飼い主のいない猫不妊・去勢手術費補助金交付要綱

平成29年4月1日 告示第94号

(平成29年4月1日施行)