○大山町脳ドック受診費用助成金交付要綱

平成30年5月1日

告示第122号

(目的)

第1条 この要綱は、町民の健康増進を図るため、町民自らが受診する脳ドックにかかる費用を助成することにより、生活習慣病の早期発見、早期治療及び生活習慣の改善を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 脳ドック 医療機関において短期間に集中して行う、以下に定める検査項目を含む検査をいう。

・脳ドック検査項目

脳ドック検査項目

コンピューター断層診断

脳と脳血管の画像診断(MRI・MRA)

判定

医師による判定と指導

(2) 紹介状 脳ドックの結果に基づき医療機関が作成し、脳ドック受診者(以下「受診者」という。)に交付する精密検査又は治療について主治医又は専門の医療機関に依頼する書面をいう。

(3) 領収書等 受診費用を支払ったことを証する領収書及びその他これに類する書面をいう。

(助成の対象)

第3条 助成の対象者は町内に住所を有し、次の各号の全てに該当する者とする。

(1) 当該年度中に50歳、55歳、60歳、65歳、70歳となる者

(2) 脳ドックの結果について、町に情報提供できる者

(3) 脳ドック受診の日から起算して6ヶ月以内に、紹介状に基づく医療機関の精密検査又は治療について適切な受診を行うことができる者

(助成金の額)

第4条 町長は、対象者が医療機関における脳ドック受診に要した費用のうち、7,000円を限度として助成する。

(助成の方法)

第5条 受診費用の助成を受けようとする者は、大山町脳ドック受診費用助成金交付申請書兼請求書(別記様式)に脳ドック検査結果記録票及び領収書等の写しを添えて、町長に提出するものとする。

2 第1項の請求があったときは、町長は請求内容を審査し適正と認められるものに対し、交付について速やかに通知するとともに、助成金を交付するものとする。

(請求の期限)

第6条 助成金の請求期限は、原則として受診した日から起算して3ヶ月以内又は当該補助事業年度の翌年度の4月30日のいずれか早い日までとする。

(助成金の返還)

第7条 町長は偽りその他不正の行為によって助成金を受けた者があるときは、すでに助成した額の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、助成金の交付に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成30年5月1日から施行する。

附 則(平成31年4月1日告示第11号)

この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

画像

大山町脳ドック受診費用助成金交付要綱

平成30年5月1日 告示第122号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成30年5月1日 告示第122号
平成31年4月1日 告示第11号