閉じる
閉じる

全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

更新日:
2020年03月06日

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

 北朝鮮は過去に例を見ない頻度で弾道ミサイルを発射し、平成29年8月29日には、予告することなく発射した弾道ミサイルが、日本の上空を通過する事案も起こっています。

 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合、弾道ミサイルは極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。 仮に、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合には、24時間いつでも全国瞬時警報システム (Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。

 Jアラートを使用すると、防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・ 緊急速報メールが配信されます。

 情報伝達の基本的な流れは、以下の官房長官「国民保護ポータルサイト」をご覧ください。

全国瞬時警報システム(Jアラート)とは?

消防庁ホームページ「Jアラートの概要」

仮に、弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。仮に、弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れたら、落ち着いて、直ちに次の行動をとってください。

屋外にいる場合

・近くの建物(できれば頑丈な建物)や地下施設に避難する。

・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

屋内にいる場合

・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

※以下の外部リンクからもご確認ください。

お問い合わせは総務課・広報室

大山町役場 1階  
〒689-3211 大山町御来屋328

電話0859-54-5201

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る