○大山町チャイルドシート購入費補助金交付要綱

平成31年1月4日

告示第17号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大山町チャイルドシート購入費補助金(以下「補助金」という。)の交付について、大山町補助金等交付規則(平成17年大山町規則第46号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 補助金は、子育て世代の経済的負担の軽減及びチャイルドシートの着用を推進し、乳幼児の死傷事故の防止を図ることを目的として交付する。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は、町内に住所を有する保護者で、町内に住所を有する6歳未満の乳幼児のために、国土交通省の定める各種安全基準に適合するチャイルドシートを新品で購入する者とする。

(補助金の額等)

第4条 補助金の交付は、乳幼児1人につき1回とし、当該補助金の額は、購入費の2分の1以内(当該額に100円未満の端数がある場合は、当該端数を切り捨てた額)で1万円を限度とする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付の申請をしようとする者は、規則第5条の規定に基づき、補助金等交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して町長に提出しなければならない。

(1) 領収書の写し

(2) 品質保証書の写し又はチャイルドシートの製造元、品名等が確認できる書類

2 前項の規定による申請は、チャイルドシートを購入した日から6か月以内(出生前に購入したものにおいては、出生日から3か月以内)に行わなければならない。

(補助金の交付決定等)

第6条 町長は、前条の申請があったときは、速やかに審査を行い、適正と認めたときは、大山町チャイルドシート購入費補助金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の請求)

第7条 前条の規定により、補助金の交付決定を受けた者は、規則第21条の規定に基づき、補助金等交付請求書を町長に提出しなければならない。

2 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成31年1月1日から施行する。

2 この要綱の施行の日の前日までに、大山町幼児用補助乗車装置購入費補助金交付要綱(平成17年大山町告示第18号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

大山町チャイルドシート購入費補助金交付要綱

平成31年1月4日 告示第17号

(平成31年1月1日施行)